31歳ニートの僕が事務の正社員になれた話。無職が内定を掴む方法。

   

スポンサーリンク

 

こんばんは、笹原直樹です!

 

突然ですが、31歳ニートの僕が就活をした結果、1社から内定を貰いました。業種は事務で、雇用形態は正社員です。

 

内定を貰うまではニートで、マジで毎日だらだらしてました。

 

 

31歳ニートの僕でも内定を勝ち取れたので、これから31歳の方にエールも込めて内定を勝ち取った方法を共有します。

 

尚、この記事にはアフィリエイト広告は一切ありません。純粋に僕なりのやり方を書くので参考にしてみてください。

 

1、リクナビNEXT、dodaには応募しない。

 

 

リクナビNEXTもdodaもしっかりとした転職サイトです。

 

ただ、それがゆえに31歳ニートのボクは応募するのに躊躇しました。

 

レジュメと呼ばれるスキルや資格、職歴もしっかり書かなくてはなりません。

 

ニートである僕はスキルや資格が何もないので、書くことがないんですよねw

 

なので、敷居が高い転職サイトは避ける。徹底的に避ける!

 

じゃあどこから正社員を応募したのかというと、タウンワークです。

 

タウンワークは応募する際にしっかりレジュメを書く必要もありません。

 

名前と年齢、住んでる地域などを入力して送信するだけです。

 

タウンワークの良いところは敷居が低いところですね。それでいて正社員の求人も豊富にあります。

 

なので、31歳ニートの方はタウンワークから正社員求人を応募しましょう!

 

31歳ニートが面接までいけるガチの確率を書く。

 

 

就活してた時の僕の体感確率書きます。

 

まず、飲食、営業、製造は80〜90%の確率で面接出来ますね。

 

正直、これらの職種はほとんどスキルが必要ないからです。

 

また、人気職種でもないからですね。

 

一方で事務職は、50%の確率で面接できます。

 

5社に応募メール送ったら大体2〜3社くらいは面接できるはずです。

 

タウンワークで面接までこぎつけたら、あとは面接で好印象を残せばOKです。

 

31歳ニートが面接で好印象を残す方法。

 

1、清潔感を保つ。ハキハキと喋る。この2つが最重要。

 

 

この2つが重要ですね。難しそうに見えますがカンタンですよ。

 

まず、清潔感は鏡を見て身だしなみがキチンと出来てるか見ればOKです。

 

次にハキハキと喋る。コツは、いつもより声量を気持ち大きくする。

 

そうすると面接官が『ハキハキしてて良いね』と褒めてくれます。

 

実際に僕が内定をいただいた時も面接官がそう言ってくれました。

 

ブツブツ喋ったり自信なさげに喋るよりも、ハキハキと喋るように心がけましょう!

 

2、資格はいらない。

 

 

31歳ニートでも資格はいりません。

 

一番必要なのは『コミュニケーション能力』です。

 

相手との会話のキャッチボールが問題なく出来てるか。ここが重要です。

 

逆に言うと、ここさえ出来てれば31歳ニートでも事務職は受かります。

 

さらにポイントは、Word、Excelのスキルを必要としてない事務職の求人に応募することですね。

 

例えばタウンワークの求人だと下記。

 

 

カンタンなPC操作ができればOK』の求人、結構ありますよ!

 

3、ブラインドタッチは出来たほうがいい。

 

 

手元を見ないでキーボードを入力するスキルです。これは自宅にパソコンがあれば誰でもできますよ。

 

今なら無料で練習できるサイトもたくさんあります。

 

無料でタイピング練習するならこちら

 

ブラインドタッチは事務職の面接で評価してもらえますよ

 

以上、31歳ニートの僕が内定を勝ち取ったときの方法をすべて書きました!

 

もし少しでも参考になったらシェアしていただけると嬉しいです;;

 

それではまた!

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 転職コラム