藤田田のおすすめの本はこの1冊で決まり!お金の稼ぎ方が徹底的に書かれてます。

   

スポンサーリンク

 

『日本マクドナルド』『日本トイザらス』の創業者である藤田田さんの本はいろいろありますが、その中でも珠玉の1冊を紹介します!

 

結論から言います。おすすめの本は『ユダヤの商法』です。

 

実際にぼくはこの本を買って読みましたが、それを踏まえた上でオススメできますね。

 

 

『ユダヤの商法』はアマゾンだと点数が高くないです。

 

レビューを見てみると、多くは『とにかくこの人は下品!』『日本人disりすぎ』という意見が大半です。

 

確かに、この本を読むと『ユダヤ人はこう考える。いっぽうで日本人はこう考えるからダメなんだ』という記述が数多くあります。

 

ですが、その部分は正直気にしないのが1番です。むしろその理由だけで本書を読まないのはもったいない。

 

本質は『藤田田という男はどのようにしてお金を稼いできたか』『どういう考えを持てばお金を稼ぐ人間になることができるのか』です。

 

『ユダヤの商法』にはそのことが多く書かれてるので、この本がオススメです。

 

『勝てば官軍』は買わなくてOK。

 

実はぼくは『ユダヤの商法』と『勝てば官軍』を2冊同時に買いました。

 

 

そして、読んでみるとビックリ。

 

『ユダヤの商法』と『勝てば官軍』はほとんど内容が一緒なのです。

 

『ユダヤの商法』を読み終わったあとに、『勝てば官軍』を読んだら文章とか内容もほぼ一緒。やられた…。

 

完全に失敗しました。なので、『ユダヤの商法』1冊だけ買えばオッケーです。

 

『ユダヤの商法』をオススメする理由。

 

具体的に稼ぐ方法が書かれてる。勉強になる部分が多い。

 

 

例えば『女を狙え』ですね。本書から引用します。

 

商才が人並み以上備わっていると思う人は、を狙って商売すれば、必ず成功する。

嘘だと思うなら試しにやってごらん。絶対に儲かる。

反対に、商売でから金を巻き上げようと思うと、女を相手にするより10倍以上も難しい。

 

次は『口を狙え』です。

 

女性用品はたやすく儲かるが、これを扱うにはある程度の才能が必要である。

 

商品の選択からセールスまで〝商才〟が必要だ。

 

しかし、ユダヤ商法の第二の商品である『口』は、凡人でも、凡人以下の才能しかない人でもできる商売なのだ。『口』──つまり、『口に入れるものを取り扱う商売』のことである。

 

面白くないですか?ぼんやりと抽象的なことが書かれてるんじゃなくて、具体的に書かれてるのが面白い。

 

これ以降も金儲けのことが延々と書かれています。

 

何が何でもお金を稼ぎたいという方には絶対におすすめしたい1冊です!

 


ユダヤの商法(新装版)

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 読書レビュー