【2019年版】早い者勝ち!Youtuberの狙い目ジャンル3つ教えます!

   

スポンサーリンク

 

今からYoutuberを始めるならジャンル選びは超重要です。

 

このジャンル選びを間違えると、莫大な時間とお金を無駄にしてしまいます。

 

まず前提として、今からYoutuberを始めるなら専門性をもったYoutuberになるのがオススメです。

 

さっそく今から狙い目ジャンルを3つ教えますね。

 

1、ラーメン以外のグルメYoutuber

 

ラーメン以外』としたのは、ラーメンYoutuberは既に席が埋まってるからです。

 

ラーメンYoutuberといえば『SUSURU TV』さんですね。

 

 

チャンネル登録者数65万人。絶大な人気を誇るラーメンYoutuberです。

 

収入源は、広告収入とラーメン屋からの企業案件ですね。

 

僕がグルメYoutuberをオススメするのは、ラーメン以外のグルメはまだ席が全然空いてるからです。

 

ラーメンが成功したのなら焼肉Youtuberや寿司Youtuberがいてもおかしくないですよね。

 

また、意外にいないのが『激辛Youtuber』。昨今の激辛人気はすごいものがありますよね。

 

 

コンビニ、TV、雑誌、どこ見ても『激辛』です。激辛市場デカすぎです。

 

なぜグルメYoutuberが人気なのかと言うと、2種類の視聴者層がいるからです。

 

1、『人が美味しく食べてるのを見るのが好きな人』

2、『紹介するお店が出すメニューを映像で見たい人』

 

この2種類の人がいるからですね。ラーメンYoutuberを見てる層もこの2種類でしょう。

 

さらにグルメYoutuberは、企業案件を貰いやすいのもメリットの1つにあります。

 

焼肉Youtuberなら焼肉屋さんから声がかかりますし、激辛Youtuberなら激辛のお店や激辛商品のレビュー依頼がきます。

 

グルメはまだまだ席が空いてるので、狙うのをお勧めします。

 

2、ハウツー系Youtuber

 

 

ここの分野もまだまだ伸びます。

 

恋愛の悩みを心理学で解決する『仮メンタリストえる』さんもハウツー系で大きな成功を収めています。

 

 

年収チャンネルは『お金』というテーマにフォーカスして、ハウツー情報を発信してます。

 

 

ハウツー系は無料で有益なことを教えてくれるので面白いんですよね。

 

『何か専門的な分野』×『Q&A』=ハウツー系Youtuberです。

 

何か専門的な分野は本屋で見つけるのがおすすめですよ!

 

3、ニートYoutuber、フリーターYoutuberも伸びる。

 

46歳でビルメンテナンスの仕事をしている『はま』というYoutuberがいます。

 

 

彼は過去の職歴をネタにして動画を出して、それが視聴者にウケています。

 

断言します。ニートやフリーターでも雑談動画が伸びれば売れます。

 

今は、ニートやフリーターがお金になる時代なんです。

 

 

なぜこういう動画が人気なのか。

 

それは同じ境遇の人が動画を見ることで『自分と同じ境遇の人がいるんだ』と安心するからです。

 

また、20代、30代の人が『40代でニート、フリーター』の動画を見ることでホッと安心するからです。

 

言い方はキツイですが、ユーザー層はこの層で間違ってないと思います。

 

さらに彼はユーザー層も公開していますね。

 

 

ユーザー層の年齢を見ると、男性の25歳〜54歳までが多いです。なので、あながち僕の考えは外れてないはずです。

 

実はニートYoutuberやフリーターYoutuberは狙い目です。

 

ただやってる人が少ない。なぜか。それは、ニートやフリーターであるのを前面に押し出して発信するのは、人は恥ずかしいと感じるからです。

 

逆に考えると、すべてさらけ出せる人はこの分野では強いです。

 

視聴者層は完全に自分と同じニート、フリーターの人たちになります。このユーザー層を捕まえるとデカイですよ。

 

一昔前のニコ生が盛り上がったのは、自分より下の人間を見ることでみんなメンタルを安定させていたからです。

 

人は声に出しては言いませんが、自分より下の人間を見ると安心するんです。

 

なので、もし自分がニートやフリーターなら家でゴロゴロしてる動画や求人誌を見てる動画を出してもいいでしょう。

 

今、ニートやフリーターの私生活はコンテンツにすることができるんです。

 

さらにお金もかからないのがオススメできる理由の1つですね。

 

オススメできないYoutubeジャンル。

 

 

まずエンタメ系、ゲーム実況は今から参入は厳しいでしょう。

 

競合が多いジャンルは後発組にはオススメできません。

 

今からYoutuberを始めるならまだ誰もやっていない分野がオススメです。

 

さらに漫画、テレビの切り抜き、声だけの動画は厳しいですね。

 

漫画系や声だけの動画はどんどんYoutube側が規制しています。

 

収益無効化にしています。

 

狙うべきはオリジナル動画で、まだ誰もやっていない需要のあるジャンル。

 

オススメのジャンルは3つあります。

 

1、ラーメン以外のグルメYoutuber

2、ハウツー系Youtuber

3、ニートYoutuber、フリーターYoutuber

 

以上です。それでは!

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - Youtube, ビジネスコラム