新卒生はベンチャー企業に就職したほうがいい4つの理由。

      2019/03/28

スポンサーリンク

 

新卒就活生は、大企業を受けようか中小企業を受けようか悩みますよね。

 

僕は、新卒就活生にはベンチャー企業をオススメします。

 

その理由を4つ教えますね。

 

1、AIに雇用を奪われないスキルが身につく。

 

 

これからAIによる業務効率化はますます普及してくるでしょう。

 

ほとんどの仕事は機械化されます。この流れは止められません。

 

そして重要なのは『AIによって仕事を奪われる人間』と『AIを利用する人間』の2種類の人間が出てくるところ。

 

まずベンチャー企業とは、少人数で仕事を回している企業です。

 

そのため、1人に任される業務が多いため幅広いスキルが身につきます。

 

全工程を1人で担当することもあるので、ビジネス戦闘力が鍛えられます。

 

いっぽう大企業・中小企業は細分化された業務の1つを任されるだけなので、スキルがなかなか身につきません。

 

AIは、細分化された業務を自動化させるので、幅広いスキルを身につけた人間がAI時代には有利になります。

 

細分化された業務のスペシャリストではなく、幅広い業務のスペシャリストになればAIを利用する側になれます。

 

これがベンチャー企業をオススメする1つ目の理由。

 

2つ目の理由はこちらです。

 

2、20代で年収1,000万円を狙える。

 

 

20代で年収1,000万円を狙えるのは外資系かベンチャー企業しかありません。

 

大企業で年収1,000万円はほとんど30代の方でしょう。20代で年収1,000万円は相当限られます。

 

しかし、ベンチャー企業は活躍すれば年収を一気に上げることができます。

 

これには理由があり、ベンチャー企業は社長との距離が近いからです。

 

なので、年収が緩やかに上がる大企業・中小企業よりも20代で年収1,000万円狙うならベンチャー企業がオススメです。

 

ただし、会社に貢献するのは必須条件ですね。3つ目の理由はこちらです。

 

3、新人にもチャンスが舞い込んでくる。

 

 

10人程しかいないベンチャー企業だと、『この新しいビジネス誰がやる?』という機会が普通にあります。

 

そこで率先して『はい!やります!』と手を挙げれば、新人でも新規事業に携われます。

 

新規事業に携われるとやりがいにもつながりますよね。

 

新人にもちゃんとチャンスが舞い込んでくる社風が、ベンチャー企業にはあるのです。4つ目の理由はこちら。

 

4、少人数で会社を育てる面白さがある。

 

 

ベンチャー企業の醍醐味はなんといっても、少人数で会社を育てていく面白さがあるところです。

 

営業で社長と一緒に企業を訪問するなんてこともあります。

 

少人数で新しいビジネスを立ち上げて、切磋琢磨する体験を味わえるのがベンチャー企業の魅力です。

 

以上、4つが新卒でベンチャー企業に就職すべき理由です。

 

1、AIに雇用を奪われないスキルが身につく。
2、20代で年収1,000万円を狙える。
3、新人にもチャンスが与えられる。
4、少人数で会社を育てる面白さがある。

 

以上の理由から、新卒でベンチャー企業に就職するのをオススメします!

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 大学生向けコラム