年収300万円の人と年収1,000万円の人には3つの差がある。【比較】

      2019/03/23

スポンサーリンク

 

年収300万円の人と年収1,000万円の人には、3つの違いがあります。

 

この違いを知っているだけで、年収1,000万円のビジネスパーソンに近づくことが出来ます。

 

1つ目の違いはこちらです。

 

年収1,000万円の人は『強み』を持っている。

 

 

まず決定的な違いとしては、年収1,000万円の人は自分の武器を持っています。

 

プログラミング、英語、会計、集客・マーケティングスキルなど。

 

絶対に誰にも負けられない得意分野のスキルを持っています。

 

いっぽうで、年収300万円未満の人は、強みを持っていない人が多いです。

 

なので、年収1,000万円を目指すなら特定分野のスキルを習得しましょう。

 

稼げるジャンルのスキルがオススメです。特にPCスキルはお金になります。

 

・プログラミング

・デザイナー

・マーケティング

・英語

 

このときに気をつけたいのは、いろんなスキルを習得するのではなく、1つのスキルを極めるのをオススメします。

 

売り上げ・利益を生み出すためのスキルを徹底的に突き詰めましょう。

 

年収300万円の人は消費。年収1,000万円の人は投資

 

 

年収1,000万円のビジネスマンになりたいのなら『消費脳』から『投資脳』になる必要があります。

 

年収300万円の人は、飲み会をしたりゲームをしたり、自分の身にならないことにお金を出してる人が多いです。

 

これがいわゆる『消費脳』です。お金を出してもリターンがありません。

 

いっぽう年収1,000万円の人は、スキルを伸ばす専門書籍を読んだり、語学スクールに通ったり、自己投資をしている人が多いです。

 

何かスキルを習得するためにお金を使う思考を『投資脳』と言います。

 

年収1,000万円が掴めるかは、『消費脳』か『投資脳』かで決まります。

 

年収1,000万円を達成させるなら『投資脳』になる必要があります。

 

株・FXといった投資よりも自分のスキルを伸ばすために惜しげもなくお金と時間を使いましょう。

 

自分のスキルは身についたら盗まれることもなく、一生の財産になります。

 

年収1,000万円の人は即断即決。スピードを何より重視。

 

 

年収300万円の人はクオリティを重視しますが、年収1,000万円の人はスピードを重視します。

 

年収1,000万円を目指すなら即断即決思考を持ちましょう。

 

習得したいスキルがあったら、そこに時間とお金を即投資。

 

年収300万円の人と年収1,000万円の人はそのくらいスピード感が違います。

 

年収300万円の人と年収1,000万円の人の違い3つ。

 

1、年収1,000万円の人は『強み』を持ってる。
2、年収1,000万円の人は『投資脳』を持つ。
3、年収1,000万円の人は即断即決。スピードを何より重視。

 

参考になったでしょうか。それでは!

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 転職コラム