大学生のうちにやるべきことは4つある。この4つは必ずやって欲しい。

      2019/03/18

スポンサーリンク

 

大学生活は時間があるようで、意外とあっという間に時間が過ぎます。

 

大学生だけど何をすればいいのかわからないという方は、今から挙げる4つのことをやってください。

 

1、海外に旅行する。

 

 

まず、大学生はどんどん海外に旅行してください。

 

1度、日本から出てみましょう。海外に行けば新しい刺激や発見が得られます。

 

国内旅行よりも、海外旅行のほうが遥かに達成感が得られます。

 

また、社会人になると大型連休でしか海外旅行が行けません。

 

なので、大学在学中にどんどん海外に行くべきです。

 

日本以外の国の文化、人種、衣食住を知ることで考え方がより多様化されます。

 

一人旅でも仲のいい友達と行くのでもいいです。

 

大学時代の海外旅行の思い出は、一生の思い出になります。

 

2、大学在学中にスキルを習得する。

 

 

『スキルって何のスキル?』って思いますよね。

 

結論から言うと、お金になるスキルを習得しましょう。

 

これからで言うと、IT、英語、会計がオススメのスキルです。

 

新卒で入社した会社が自分に合わなかったとしてもスキルがあればすぐに転職できます。

 

また、プログラミングを習得しておけば、わざわざ企業に入社しなくても稼げます。

 

こちらはフリーランス向け案件サイト『Crowdtech』の求人です。

 

 

ITは特に人材難なので、在学中にITを学べばフリーでも引く手あまたです。

 

英語も学んでおくといいでしょう。TOEICのスコアを重視している企業は今でも多いです。

 

会計もお金を稼ぐにはお金のことを勉強しなければなりません。

 

これ以外で自分の興味のある分野の資格を取るのもいいでしょう。

 

どちらにせよ何かスキル資格を習得するのをオススメします。

 

3、大学生はとにかく遊んだほうがいい。

 

 

社会人になると遊べなくなります。

 

周りが結婚して、子供もできて、家族の時間を優先するため友達とも疎遠になります。

 

社会人になると分かりますが、大学時代ってかけがえのない時間なんですよ

 

大学生は仲のいい友達とたくさん遊びましょう。青春を謳歌しましょう。

 

4、バイトもしよう。ただし計画的に選んだほうがいい。

 

 

例えば、新卒で営業職に就きたいなら接客業のバイト。販売職に就きたいのなら販売のバイト。

 

将来、自分が就きたい仕事に近いバイトをするのがオススメです。

 

エンジニアになりたいのなら夏休みを使って企業でサマーインターンするのもいいでしょう。

 

在学中のバイトは、就職面接でアピールできるバイトにするのが望ましいです。

 

大学時代にやっておくべきこと4つまとめ。

 

1、海外旅行をする。
2、社会人になって使えるスキルを習得する。
3、たくさん遊ぶ。
4、自分の就きたい業種のバイトをする。

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 大学生向けコラム