格安SIMログ

楽天モバイル | iPhone SE | IIJmio | イオンモバイル

吉忠のマネキンビジネスの歴史が面白い。普通のマネキンとの違い。

   

 

高島屋や阪急、一流企業もこぞって使う”吉忠マネキン

 

特に高島屋 日本橋店の9割は吉忠マネキンです。

 

IMG_01443

 

普通のマネキンとの違いは何?

 

高島屋ディスプレイ担当の毛利元信さんはこう語ります。

 

着せたときの着こなしが、他のマネキンとは違う。

 

マネキン自体に力があるのを感じる

 

阪急メンズトーキョーの山口 俊比古 店長はこう語ります。

 

選択肢のバリエーションや一点一点の完成度も高い

 

そういう意味で吉忠は素晴らしい

 

スポンサーリンク

 

吉忠は、全国の百貨店の9割と取引をしている

 

また、世界30カ国以上に販売もしている日本一のマネキン会社です。

 

凄すぎる…。

 

そんな日本一のマネキン会社を作った社長は、吉田忠嗣氏。略して吉忠です。

 

マネキンの精度への自信

 

社長の吉田忠嗣氏は、こう語る。

 

これだけの精度のマネキンは世界でもうちしか作れない

 

スポンサーリンク

 

マネキンは8割が女性

 

意外と知らなかったのが吉忠で作られるマネキンの8割が女性です。

 

女性のほうがファッションには敏感なのかもしれません。

 

業界初レンタル制度導入

 

マネキンと言えば、マネキン会社から店舗への買い取りが当たり前でした

 

そこに吉忠は昭和27年に、初めてマネキンのレンタル制度を導入したのです。

 

レンタル制度が大成功した理由

 

レンタル制度が導入されると、店舗は買い取り式を辞めてレンタル制度を利用し始めたのです。

 

それには理由があります。

 

1、10分の1の価格でレンタルすることが出来る

 

買い取り式だと高く付くところを、レンタル式だとコストを大幅に削減することが出来るのです。

 

2、シーズンごとに安く入れ替えることが出来る

 

レンタルにすると安く、そして四季ごとにその都度入れ替えることが出来ます。

 

こうしてマネキンレンタル制度を導入して吉忠は売上げを伸ばしてきたのです。

 

利用する側からしたらとても便利なシステムだったのです。

 

初めてレンタル制度導入したときの心境

 

この時の吉田忠嗣氏の言葉が刺さりますね。

 

「世の中に参考になる所がなかった。データが無い。」

 

「でも、これをやらなければ、将来のマネキンビジネスはないと思った。」

 

これはしびれますねぇ。いやー凄い。

 

マネキンが売れかった時代

 

マネキンはずっとレンタルされ続けてきたのかと言うと、実はそんなことは無く、時代が進むにつれ”マネキンよりもモデルが着た服が良い”という時代に変化してきたのです。

 

lgf01a201307290300

 

そして徐々にマネキンが売れなくなってきた時に、吉忠は違うビジネスに動きました。

 

マネキン以外の商空間ビジネス

 

吉忠に、面白いエピソードがあります。

 

マネキンのレンタル数が減った会社に、営業が出向き話してみたらマネキン以外の仕事を引き受けたというエピソードがあります。

 

そして吉忠は、マネキン以外の仕事をやり遂げたのです。

 

それが伊勢丹の新宿店の2Fビューティーエリアの改装の施行。

 

そこに、マネキンは1体もありません。

 

今の仕事を生んでくれたのはマネキン

 

吉田忠嗣氏はマネキンは、吉忠の母とまで言っています。

 

その母が生んだ子どもが内装の仕事だと語ります。

 

マネキンがいなくても商空間をやらせてもらうことにこだわったのです。

 

そして、今では吉忠の内装施行の売上げは会社の50%を占めるほどの売上げまで成長したのです。

 

マネキン自体は今後増えない

 

吉田忠嗣氏は、今後マネキンが増えることは恐らく無いと語ります。

 

吉忠のように1つのビジネスから次のビジネスに派生させて大成功を収めるパターンもあるのです。

 

日本一のマネキン会社、吉忠でした。

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 未分類