格安SIMログ

楽天モバイル | iPhone SE | IIJmio | イオンモバイル

大黒天物産の4つの安さの秘密。社長 大賀昭司って何者?

   

Daikokuten_Bussan_Company

 

今ノリに乗っているスーパー、大黒天物産を知っているだろうか。

 

特に中国地方で栄えており、店舗数は85店舗に上る。さらに凄いのが毎年10店舗増加していっているということだ。

 

近年の売上げの伸び率は、ベルクやマルミヤを抑えて堂々の1位。

 

今回は、大黒天物産の4つの安さの要因を紹介します。

 

大黒天物産の安さの秘密

 

1、段ボールをそのまま陳列することによってコスト削減

 

大黒天物産の安さの理由の1つに、段ボールのまま陳列するところにあります。

 

2016-02-28 16.58.49

 

陳列を段ボールのままにすることによって、人件費を大幅にコストカットすることが出来るのです。

 

2、倉庫がない

 

もうひとつの理由に、実は大黒天物産には倉庫がありません

 

メーカーの商品をそのまま配送し、お客さんがいない深夜帯に商品を運び込み、陳列してるのです。

 

倉庫を使わないことによって無駄な資金を使わなくて済みます。

 

3、一つの商品を大量に仕入れる

 

一般のスーパーの仕入れる大体の商品数は1万5000点と言われています。

 

ですが、大黒天はたった4500点

 

大黒天では選ばれた商品を大量に仕入れることによって仕入れコストも削減しているのです。

 

その理由に、大黒天のチラシは1ヶ月同じチラシということが頻繁にあります。

 

4、自社工場で原料を安く買う

 

大黒天と言えば、パンが激安なので有名です。

 

その理由は、飛騨高山に大黒天物産が買収したパン工場にあります。

 

大黒天は、パンを少しでも安く提供できるようにパン工場を買収しました。

 

そして、材料、原料を安く買って満足度の高いパンを製造することに成功しているのです。

 

安さだけでは無く、味も追求している為パンのレベルが高いです。

 

D-Priceという自社ブランドでなければ成功していない戦略ですね。

 

大黒天物産 社長「大賀昭司」とは

 

大黒天物産の社長「大賀昭司」。

 

この大賀昭司氏は、毎朝スーパーの視察を欠かしません。

 

この視察をすることによって、お客さんが実際に満足しているかなどを直接見て感じているのです。

 

“安さ”へのこだわり

 

大賀昭司氏曰く「バイヤーはこのぐらいで出来るか出来ないかという話をしがちですが、一旦頭を非現実にして、競合店がこの値段でやってるなら、もっと安くお客さんに届けられないかという思いが先」と言います。

 

思わず手を伸ばしたくなる値段にする。それが大賀氏のこだわりです。

 

うどん、1円の伝説

 

大黒天物産の伝説とも言われるエピソードを話しておきます。

 

実は、大黒天物産とライバル店で「うどん玉」の価格競争が起こりました。

 

51ZmEU9uNFL._SX385_

 

当初大黒天物産は、うどん玉1玉20円。それに競るようにライバル店も値段を下げてきたのです。

 

そして遂にうどん1玉がなんと1円。ここで終戦かと思いきや、大賀昭司氏は3玉1円で売ることにしたのです。

 

これにはライバルも白旗をあげたというエピソードがあります。

 

まとめ

 

大黒天の価格の安さの最大の理由は商品の絞りこみにあります。

 

ただ単に絞っているのではなく、お菓子やインスタントラーメンやワインの商品数を絞ることによって他とのバランスを保つのを徹底しているのです

 

これは、普通のバイヤーでは出来ないでしょう。

 

創業者の大賀昭司さんの激安で質のいい商品を提供するという一心で実現できたことですね。

お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 未分類