格安SIMログ

楽天モバイル | iPhone SE | IIJmio | イオンモバイル

「Huawei Ascend G620S」の欠点、悪い部分。改善して欲しい所。

      2016/03/10

chabudai_kaeshi

 

初めてのSIMフリースマートフォンとして購入した「Huawei Ascend G620S」ですが、ずっと使い続けてると色々と気づくことがあります。

 

Huawei Ascend G620Sをレビュー!バッテリー、画面、音質を評価する。

 

スポンサーリンク

 

「Ascend G620S」の欠点

 

これなんですが、ズバリ漢字変換がちょっとヒドいです。

 

漢字のバリエーションが少なすぎて、ストレスが地味に溜まってきます。

 

具体的には、LINEなどで漢字変換しようとしても漢字の種類が全然無いんです

 

スポンサーリンク

 

漢字が出て来ないと地味につらい

 

例えばこのブログでよく出てくる「通信量」という漢字も出てきません。

 

iPhone5で試したところ「通信量」は、もちろん出てきます。

 

あと漢字変換に関して思うのは、人名とかはとにかく弱いです。

 

友達に宮市さんという人がいたとしても、Ascend G620Sだと「宮市」が出てきません。

 

IMG_8076

 

なので、「みや」で「宮」と打ってから「いち」で「市」と打っています。

 

こういうのがボディーブローのように、効いてくるんです。

 

Ascend G620Sを使うと、まず間違いなく漢字変換に苦労すると思います

 

一発で出てきて欲しい漢字が候補にないのは結構不便なのです。

 

これは改善して欲しいところですね。Ascend G620Sが評価高いだけに惜しいところです。

 

というのもそれ以外の部分では、不満は特に無いんです。

 

もう本当に漢字変換だけです。ここは候補が少なすぎるので直して欲しいです。

 

せっかくなので良いところ

 

「Ascend G620S」には、もちろん良いところもあります。

 

バッテリーの持ちはかなり良い

 

「Ascend G620S」を購入する前に、いろんなレビューでもバッテリーのことが書かれていましたが、これは使ってみて実感しています。

 

バッテリーの持ちはとても良いです。

 

確かに動画などを長時間見ているとそれなりにバッテリーが消耗するんですが、普通に使っている分には滅多にバッテリーは減りません。

 

最初購入する前は、ファーウェイってどこの中国メーカーだ?と思ったのですが、使ってみたら普通に良かったです。

 

ですが「Ascend G620S」の一番の良さはコストパフォーマンスですね

 

一万円代でこの機能性なら充分に感じる方は多いです。一万円代のsimフリースマホが少ないので嬉しいです。

 

まとめ

 

「Ascend G620S」の欠点は、「漢字変換」です。

 

候補が少なすぎるので、変換しようにも出来ません。ここが難点ですね。

 

良いところは、バッテリーですね。バッテリーは凄い持ちます。

 

あとは、コスパの良さは「Ascend G620S」の強みです。

 

なんだかんだこれからも使い続けます。

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - Huawei, 楽天モバイル