格安SIM レビュー!

携帯代が4万円は超危険水域…。なぜこんなに高いのか原因を教えます。

   

スポンサーリンク

 

 

携帯代が4万円にまでなると、本当にどうにかしたいですよね。

 

携帯代は毎月払う固定費なので、4万円を削らなければ生活がキツくなります。

 

では、どうして携帯代が4万円にまでなるのか。

 

携帯代が4万円になる原因は3つのどれか。

 

 

このうちのどれかです。

 

1、料金が高い基本プランに加入している。

 

 

au、docomo、softbankと契約したら必ず加入しなければいけないのが、基本プラン

 

ホワイトプラン、カケホーダイプラン、学割プランなどは、一度は聞いたことがあるかと思います。

 

携帯代が4万円になったらまず「自分が加入してる基本プランはなんなのか」を調べましょう。

 

調べるといっても、auならMy au、docomoならMy docomo、softbankならMy softbankでネットからサクッと知ることができます。

 

ネットで料金明細の内訳を見るんですね。そうすれば自分が加入してるプランが何なのか分かります。

 

もしこの基本プランの料金が高かったら、安いプランに移行するのを検討しましょう!

 

2、使わないオプションがたくさん付いてる。

 

 

これは実は一番あります。

 

いろんなオプションが勝手に付けられてて、いつの間にか携帯代が膨らんでしまってるパターンです。

 

これも先ほどのように、料金明細で確認することができます。

 

一生見ることが無いのに、動画見放題サービス。一生読むことが無いのに、電子書籍読み放題サービスなどなど。

 

よくわからないオプションなんか数多くあります。

 

使わないオプションがたくさん付いてる可能性があるので、もし付いてたら一気に外してしまうのをオススメします。

 

ただし外す際には、オプションの違約金が発生しないかは要チェックです。

 

もし不安ならショップに常駐するスタッフなどに確認取るのもいいでしょう。

 

通話代、課金に問題はないか。

 

 

カケホーダイに加入してないのに通話を長時間すれば通話代が膨らみます。

 

また、アプリに課金をすれば課金で携帯代が高くなります。

 

以上、3つに原因がないか調べてみてください。

 

1、高い基本プランに加入してないか。

2、使わないオプションがたくさん付いてない?

3、通話代、課金で高くなってないか。

 

携帯代4万円から携帯代2000円にする方法。

 

 

携帯代を4万円から2000円にする方法があります。

 

それは、格安SIMにするのです。

 

格安SIMとは、楽天モバイル、LINEモバイル、UQモバイルなどです。

 

これらにすると携帯代は驚くほどに安くなります。

 

ぼくはソフトバンクに嫌気がさし、LINEモバイルにした結果、携帯代が平均2000円になりました。

 

参考:ぼくがソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えた、たった1つの理由。

 

参考:LINEモバイルの1年分の携帯代を振り返ってみた。料金明細を公開!

 

また、「au、docomo、softbankと格安SIMは何が違うの?」という方のためにこちらの記事も書いたので参考にしてみてください!

 

格安スマホがよくわからない!という方へ。安い理由を1からわかりやすく教えます。

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 未分類