格安SIM レビュー!

携帯代が2万、3万は超やばい!なぜこんなに高くなる?原因は?

   

スポンサーリンク

 

 

携帯代が2万円、3万円の方は「どうしてこんなに高いんだろう…」と悩みますよね。

 

携帯代が高いのには、明らかに原因があります。

 

考えられる3つの原因を挙げます。

 

1、プランの基本料金がそもそも高い。

 

 

au、docomo、softbankにはいろんなプランがありますよね。

 

フラットプラン、ピタットプラン、ホワイトプランなどです。

 

まずは、自分がなんのプランに入ってて、そのプランの基本料金がいくらなのか把握する必要があります。

 

auならMy au、docomoならMy docomo、softbankならMy softbankで料金明細の内訳がカンタンに見れます。

 

この基本料金が高いと、携帯代を安くするのが難しくなります。

 

高いプランに入ってたら、安いプランに移行することを検討しましょう。

 

2、いらないオプションがたくさん付いてる。

 

 

加入した覚えがないのにオプションが付いてることはよくあります。

 

契約時に強制的に加入させられるパターンですね。

 

auならauパス、docomoならdマガジン、softbankならUULAなど。

 

いらないオプションは、ハッキリ言ってゴミです。

 

自分が使わないオプションの料金を、自分が知らないところで払ってるのです。

 

なので、料金明細を見て、いらないオプションが付いてないかチェックするのが大事です。

 

もし付いてたら速攻外すのをオススメします。

 

3、通話代は大丈夫?

 

 

通話も人によっては、長時間してしまいますよね。

 

カケホーダイプランに入ってないで、通話をすると通話代がかかってしまうので、なるべく通話はLINE通話するようにしましょう。

 

4、アプリに課金してないか。

 

 

これは実際少ないかもしれませんが、一応ですね。

 

アプリに重課金すると、携帯代が高くなるのでここも意識しておきたいです。

 

携帯代が高くなる原因まとめ。

 

 

1、高いプランに入ってる。

2、いらないオプションがたくさん付いてる。

3、通話を多くしてないか。

4、アプリに課金してないか。

 

これらが考えられる原因です。

 

よくあるのは1、2ですね。

 

また、携帯代を根本的に安くしたいなら格安SIMにするべきです。

 

ぼくはソフトバンクに嫌気がさしてLINEモバイルにしました。

 

その結果、携帯代が2,000円にまでなりました。

 

参考:ぼくがソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えた、たった1つの理由。

 

LINEモバイルじゃなくても楽天モバイルやUQモバイル、イオンモバイルなど格安SIMにもいろんな種類があります。

 

なにもわざわざau、docomo、softbankと契約して、毎月大金を払わなくてもいいんです。

 

携帯代を2,000円、3,000円レベルにまで落としたい方は格安SIMにしましょう。

 

以下の記事を参考にしてみてください!

 

au、docomo、softbankから格安SIMへ乗り換える際の3つの注意点。こちらは必読!

 

格安SIMにするメリット、デメリットを解説。格安スマホを検討してる人は必読!

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 格安SIM 基礎知識