格安SIMログ

楽天モバイル | iPhone SE | IIJmio | イオンモバイル

主婦が携帯代を貯金するためにやるべき2つのこと。コスト削減できる部分です。

      2016/02/18

c4d9db7d2c159f74f30745bb3ebd44f6_s

 

主婦の方が毎月の生活費を抑えるために、まずコストカットしたい部分は携帯代です

 

携帯代は毎月の固定費である程度決まっていて、逆に言えばここを安くするだけで年間の生活費がかなり浮きます。

 

そこで具体的に携帯代を安くするために、何をすればいいのか。

 

スポンサーリンク

 

1、いらないオプションは外そう

 

携帯代を安くするならまず不要なオプションを外しましょう。

 

例えば、ドコモなら「NOTTV」、auなら「ビデオパス」、SoftBankなら「UULA」など外しても問題のないオプションが月額携帯料金の中に含まれてる可能性があります。

 

そのために、まずやるべきことは自分の携帯代の内訳を知ることです。

 

「これ、本当に必要なのかな?」「これ全然利用していないな」と思ったら断捨離のごとく外してしまうことをオススメします。

 

スポンサーリンク

 

2、通話代を見直す

 

3代キャリアの料金プランには、パケット代が必ず含まれてるのですが、パケット代だけは削減することが出来ません。

 

約5000円ぐらいなのですが、これは定額で決まっています。

 

そうなると、3代キャリアで節約するなら通話代オプション代なのです

 

特に主婦の方で通話を多くする方が中にはいるので、そのような方はLINEを利用することをオススメします。

 

LINEは同じアプリ同士なら(LINE同士なら)24時間通話料が無料です

 

2016-02-03 13.23.08

 

LINE電話を使用すれば、固定電話や携帯電話でも格安で通話することが出来ます。

 

一番料金が高くなるのがアプリなどを使用しないで、やり取りする音声通話なので注意です。

 

これに関してはカケホーダイなどに加入していないと、どんどん通話代が膨らんでくるので、一度通話代を見直してみましょう。

 

3、格安SIMにする

 

格安SIMは今人気の楽天モバイル、DMM mobile、Yahoo! mobileなどですね。

 

ボクは今、楽天モバイルを使用しており携帯代が月1,600円です

 

それまでSoftBankと契約していて月額1万ぐらいかかっていました。

 

今月のSoftBankの携帯代は9000円でした。明細書が届いて思ったこと。

 

ここで、メリットではなく最初に格安SIMのデメリットを挙げていきます。

 

逆に今から挙げるデメリットがそれほどデメリットに感じない方は、格安SIMを検討していいと思います。

 

・キャリアメールが使えない(@docomo.ne.jp,@softbank,ne.jp,@ezweb.ne.jp)

・動画が長時間見れない(キャリアより通信容量が少ないため)

・メールのやり取りはGmail、Yahooメールになる。またはLINE。

 

この3つでしょうか。

 

まずキャリアメールが使えなくなります。メールはGoogleが提供するGmailを推奨します。

 

逆に、メールを使わない人にとっては格安SIMはオススメです

 

主に連絡手段にLINEを使用してる方ですね。ボクは普段からメールはしなかったので全く苦痛じゃなかったです。

 

次に、動画を長時間見ることが難しくなります

 

動画を長時間見ると通信量がとてもかかってしまうのですぐに低速になってしまいます。

 

恐らくキャリアでも経験した方は多いと思います。

 

なので、動画を見るときはWi-Fiを使用時かパソコンなどで見ることです。

 

ここを許容すれば格安SIMにして携帯代を1500円前後にすることが可能になります。

 

こんな方は格安SIMがオススメ

 

普段からLINEを使用していて、動画を見ない(見なくてもいい)方

 

このような方は格安SIMにしましょう。

 

通話する方でも通話プランがあります。それでも格安SIMの通話プランは3代キャリアの通話プランの半額程度です

 

こちらはボクがSoftBankを解約した時の記事です。

 

僕がソフトバンクを辞めて、楽天モバイル(格安SIM)にしたたった一つの理由。

 

こちらは、晴れて楽天モバイルにした時の記事。

 

【レビュー】楽天モバイルをゲットしたよ!早速起動させてみた。

 

格安SIMにしない方は、現状の対策としては不要なオプションを外すのと、通話料金を見直すのが大事です。

 

料金プランを見える化して、何のオプションが付いてるのかを見ましょう。

 

それだけでも携帯代のコスト削減になるキッカケになるはずです。

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 楽天モバイル