格安SIM レビュー!

携帯会社のブラックリストは2つ注意すればOK!載ったら解除して新規契約できる?

      2017/03/22

black_list

 

ブラックリストに載ると、厄介なのであらかじめ載らないために対策するのが重要です。

 

ブラックリストはどうすれば載ってしまう?

 

 

1、短期解約を繰り返す

 

まず、契約直後に短期解約を何度もするとブラックリスト載る確率が高まりますので注意しましょう

 

具体的には、キャッシュバックで現金を貰った直後に解約をする事案です。

 

キャリアは、1台数万円の端末とキャッシュバックで負担を強いるので短期でMNPなどで離れられると、大損をしてしまいます。

 

キャリアは契約は長期を前提に考えています。なるべく長く使いましょう。

 

スポンサーリンク

 

3社の最低利用期間

 

 

まずこの3社の最低利用期間を把握しておきましょう。

 

docomoは、最低180日間利用しよう

 

 

docomoのブラックリスト入り回避の最低契約期間は180日となっております。

 

ブラックリスト入りの基準に明確な部分は無いものの、180日間以上の利用を続けてる限り、基本的にはブラックリスト入りを避ける事が可能だと思われます。

 

特にdocomoは、1回ブラックリスト入りすると、解除される期間が長いので注意しましょう。

 

auは、最低120日間利用しよう

 

 

今まではauのブラックリスト回避の最適契約期間は、90日間と囁かれていました。

 

しかし、最近では120日間というのが有力な説になってます。

 

他のキャリアと違うのは、auは一度ブラックリスト入りしても解除されるまでの期間が短いです

 

ブラックリスト入りしても120日間で解除される様ですが、初めからブラックリスト入りは避けたいところ。

 

スポンサーリンク

 

SoftBankは、最低180日間利用しよう

 

 

ソフトバンクは、最低契約期間は180日間と言われてますが、iPhoneを使用してるケースだと話が変わってきます

 

iPhoneだと、180日ではなく1年以上使用が前提です

 

SoftBankは、180日未満の解約、iPhoneを1年未満で解約するとブラックリスト入りする可能性が高いです。

 

そして、ブラックリスト入りすると解除されるまでの日数が長いです。

 

解除されるまで180日以上かかります。

 

2、料金未払いは1番危ない

 

 

料金未払いが1番ブラックリストに載る可能性が高いです

 

料金滞納や踏み倒しがあると、契約中のキャリアはもちろん、他のキャリアでも新規契約が非常に困難になります

 

ボクはソフトバンク時代は未払い踏み倒しすることが多かったです。

 

今は格安SIMで携帯代が1500円なのでさすがに踏み倒すことなくなりました

 

ブラックリストに載る可能性は主に2つあります。

 

この2つに気をつけよう

 

1、短期解約を繰り返す

2、料金滞納

 

特に料金滞納が一番可能性としては高いので気をつけましょう!

 

ソフトバンクから格安SIMにすると超ラクですよ。

 

⇒ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えて感じた5つのコト。

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 楽天モバイル