携帯会社のブラックリストは2つ注意すればOK!載ったら解除して新規契約できる?

      2019/01/12

スポンサーリンク

 

black_list

 

ブラックリストに載ると、厄介なのであらかじめ載らないために対策するのが重要です。

 

ブラックリストはどうすれば載ってしまう?

 

 

1、短期解約を繰り返す

 

まず、契約直後に短期解約を何度もするとブラックリスト載る確率が高まりますので注意しましょう

 

具体的には、キャッシュバックで現金を貰った直後に解約をするとか。

 

キャリアは、1台数万円の端末とキャッシュバックで負担を強いるので短期でMNPなどで離れられると、大損をしてしまいます。

 

au、docomo、softbankは契約は長期を前提に考えていますなるべく長く使いましょう。

 

2、料金未払いも危ない!

 

 

料金未払いもブラックリストに載る可能性が高いです

 

料金滞納や踏み倒しがあると、契約中のキャリアはもちろん、他のキャリアでも新規契約が困難になります

 

ボクもソフトバンク時代は未払い踏み倒しすることが多かったです。

 

格安SIMとは契約できる。

 

 

au、docomo、softbankのブラックリストに載っても格安SIMとは契約することができます。

 

格安SIMとは楽天モバイルやLINEモバイルのことですね。CMで見たことある人もいるかと思います。

 

ボクはソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えて、携帯代が1500円になりました。

 

さすがにそこからは踏み倒すことなくなりましたね。

 

僕がソフトバンクを解約して、楽天モバイルにしたたった一つの理由。

 

ブラックリストに載ってしまった人は、これを機に楽天モバイルに乗り換えるのをおすすめします!

 

そもそもau、docomo、ソフバンの携帯代に疑問を持つべき。

 

 

ブラックリストに載ってしまうのは、携帯代が高いからですよね。

 

結論から言います。あの3社(au、docomo、softbank)は携帯代高すぎ。

 

ボクも毎月ソフトバンクで5,000円以上払ってたので支払いがキツくなる気持ちめっちゃ分かります。

 

ボクは正直au、docomo、ソフトバンクはボッタクリだと思っちゃってます。

 

こうなるとブラックリストに載るまとめ

 

 

1、短期解約を繰り返す

2、料金滞納

 

特に料金滞納が一番可能性としては高いので気をつけましょう。

 

そもそもau、docomo、ソフトバンクは携帯代高すぎなので、乗り換えるのをおすすめします。

 

ぼくはすぐに乗り換えました。携帯代で消耗するのは疲れるので…。

 

『今より携帯代を安くしたい』という方は、この記事絶対に読んでほしいです。

 

⇒僕がソフトバンクを解約して、楽天モバイルにしたたった一つの理由。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 楽天モバイル