格安SIM レビュー!

これからお金持ち目指すなら「個人ビジネス」と「組織ビジネス」どっちがいい?

   

スポンサーリンク

 

 

お金持ちになるにはビジネスを起こすしかありません。

 

これから起こすなら「個人ビジネス」で始めるべきか「組織ビジネス」で始めるべきか。

 

教えておきましょう。

 

これは確実に「個人」でビジネスを始めるべきです。なぜか。

 

「個人」を薦めるのには3つほど理由があります。

 

1、個人だと影響力が圧倒的につく。

 

 

組織の中で結果(成果)を出してもなかなか影響力はつきません。

 

なぜなら「結果を出した組織の一員」と位置づけされてしまうからですね。

 

それに対し、最初から個人でビジネスを起こした人は、結果を出せばダイレクトに影響力が自分に付きます。

 

例えばブロガーやYoutuberでも個人で発信していけば、ツイッターのフォロワーがグングン伸びてきますよね。影響力が拡大していくんです。

 

で、影響力って付いて良いことあるの?

 

 

ここから話がもっと面白くなるんです。

 

今の時代、スマートフォンが普及していきプラットフォームが常に移り変わってますよね。

 

例えば稼いでるYoutuberに向かって「Youtubeが潰れたらどうすんの?w」とコメントを投げかける人いますよね?

 

これはハッキリ言ってビジネスの奥深さを理解してません。

 

Youtubeが潰れたらYoutuberはどうなるのか。飢え死にするのか。

 

Youtubeがもし潰れたら、YoutuberはYoutubeでないプラットフォームに移るだけです。

 

これは一例としてYoutuberに例えましたが、他の個人ビジネスでもそうです。

 

つまり影響力を持った人はAが潰れたらBに移るだけ。

 

実はここに気づいてない人が多い。

 

Youtubeで稼いでた人はある程度影響力が付いてますよね?

 

他の人がBのサービスを使い始めてもなかなか影響力が付いてないため結果が出るまでには時間がかかります。

 

けれど最初から影響力のついた人がBのサービスを使うとなるとどうなるか。

 

他の人よりも認知されてるためすぐに収益化させることが出来るんです。

 

「影響力」の力は侮れません。影響力が付いてると普通の人達と比べてロケットスタートが切れるんです。

 

これが個人ビジネスを薦める1つ目の理由。2つ目の理由はこちら。

 

2、個人で収益をすべて総取りせよ。

 

 

組織でビジネスをする以上、必ず収益は分配されるか中抜きされます。

 

けれど、個人でビジネスをすれば全て収益は自分の懐に入ってきます。

 

組織で働く人たちは「世の中に貢献したい!」という思いが強いですよね。

 

世の中に貢献するには人手が足らない。そのために組織としてビジネスを動かすんですね。

 

ただ「お金持ちになりたい」という理由だけなら話は別。

 

個人ビジネスだと富も地位も名誉も組織ビジネスより手に入れやすいです。

 

お金持ちは富を分配させるのを嫌います。すべて収益は総取りする精神です。

 

富、地位、名誉のハイリターンを得たいなら「個人」にすべき。

 

続いて3つ目。

 

3、個人だと動きやすい。

 

 

ビジネスを始めるといずれ仕事の依頼が舞い込んできます。

 

個人だと意思決定権はすべて自分にあります。

 

依頼を受けるか断るかを判断するのは自分だけになります。

 

ですが、組織だと依頼を受けるか意見が割れたりします。

 

また会議をいちいち開くといったビジネスでは欠かせないスピードも遅くなる

 

個人の強みは身軽という部分にも発揮されます。

 

個人ビジネスを極めた人が、後々にプライベートジェットを購入して一人で現地まで行くというのもよく聞きますよね。

 

組織はハッキリ言ってめんどくさいんですよ。意思決定するまでのスピードは秒速で即断したいところ。

 

分かっていただけたでしょうか。

 

個人ビジネスを薦める理由は3つまとめ

 

1、個人だと影響力が圧倒的に付く。

2、個人で収益をすべて総取りせよ。

3、個人だと動きやすい。スピード命。

 

なのでこれからビジネスを始めるなら「個人」で攻めるのをオススメします。

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - お金持ちになる方法