格安SIM レビュー!

LINEモバイルは外国人でも契約できる?契約方法、やり方まとめ。

   

スポンサーリンク

 

 

LINEモバイルは、外国人の方でも契約することが出来ます。

 

これは、LINEモバイル公式サイトにも書かれてますね。

 

 

LINEモバイル公式サイトの「よくある質問・ヘルプ」内で読むことが出来ます。

 

スポンサーリンク

 

身分証はどうするの?

 

外国人の方がLINEモバイルを契約するとなると、一番のネックになるのが身分証明証ではないでしょうか。

 

身分証明書は、外国人の方は在留カード特別永住者証明書が身分証になります

 

本人確認書類は1点あれば大丈夫です。

 

本人確認書類一覧は公式サイトでズラッと見れるので、その中から身分証として出せるものを選んでください。

 

本人確認書類一覧はこちら

 

確認書類をアップロードするときの注意点。

 

 

じつは過去に僕はLINEモバイルに身分証をアップロードしたことあるんですが、これが結構審査が厳しいんですよ。

 

参考記事:「LINE Payカード」と「パスポート」で、LINEモバイル申し込んでみた。

 

まず、身分証に光の反射が写るとNGなんですよね

 

光の反射が入ると、文字って見えなくなるじゃないですか。

 

なので、身分証はとにかくハッキリ撮影して、クッキリ顔写真や文字が見えるようにしてアップロードしましょう。

 

これが書類審査1発合格への最短方法です。

 

ぼくはスマホで写真撮ってそのままアップロードしましたよ。

 

なんとなく不安な方は、店舗に行けば問題なし

 

 

ネットから申し込みするよりぶっちゃけお店に行っちゃったほうがラクですよ。

 

身分証明書についても聞けますし、アップロードしないでハイと身分証をスタッフに渡せばいいだけ。

 

さらに、その日のうちにSIMカードもスタッフから貰えますし。ネットからだとSIMカードが届くまでタイムラグがあります。

 

例えば、ぼくはLINEモバイルはヨドバシカメラで申し込んだんですが、わからないことがあったら直接スタッフの方に聞くこともできるんですよ。

 

 

お店で申し込むのは意外とメリットあるんです。

 

もちろんデメリットもありますが。

 

お店のメリットSIMカードが即日で貰える、スタッフに直接聞ける。
お店のデメリットお店に行くのがめんどくさい。
ネットのメリットお店に行かなくていいのがラク。
ネットのデメリットSIMカードが後日発送。

 

LINEモバイルを扱ってるビックカメラ、ヨドバシはこちら。

 

 

即日受け渡しのお店は随時増えて行くので、こちらを要チェック!

 

即日受け渡しのお店はこちら

 

即日受け渡しのお店は少ないんですけど、近場にある方は行ってみるのもいいですよ。

 

ぜんぶスタッフが勝手にやってくれてラクです。

 

それ以外の方はネットから申し込みましょう。

 

アップロードの際は画像をシッカリ見えるようにしましょう!

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - LINEモバイル