格安SIM レビュー!

息子、娘の携帯代が高いなら、3つのコトをやって改善するべきです。

   

 

子供の携帯代を親が払っていると、子供の携帯代が気になりますよね。

 

ましてや高いと子供にも不満をぶつけたくなります。けれど、ぶつけると子供からも反発を喰らいお互いがストレスになる始末。

 

そんな困ってる親御さんに、3つして欲しいことがあります。まずは1つ目。

 

スポンサーリンク

 

1、子供の携帯代の内訳を把握する。

 

 

毎月仕方なく高い携帯代を払ってるなら早急に動きましょう。

 

まずやるべきことは、「なぜ子供の携帯代が高いのか」を親が知ることです。

 

大前提として携帯代が高いのには、必ず何か理由があります。

 

・通話料が高くないか

・何かに課金してないか

・不要なオプションに入ってないか

 

au、docomo、softbankの請求用紙が毎月自宅に届くなら、中に入ってる内訳が書かれてる用紙を見てください。

 

それを見れば子供の携帯代がなぜ高いのかが分かります。

 

なので親御さんにまずして欲しいこと。

 

それは、子供の携帯代がなぜ高いのかを知ろうとすることです。内訳を知ることに努めましょう。

 

続いて2つ目。

 

スポンサーリンク

 

2、子供と話し合い、携帯代削減に動く。

 

 

子供の携帯代が高い理由が判明したら、即行動に移しましょう。

 

子供と話し合わなければ携帯代が安くなることありません。

 

これは、避けられない道です。

 

勝手にオプションを外したり料金プランを変えたら子供は怒りますよね。これは大人でも同様のはずです。

 

なので子供の携帯代を削減したいなら親子で話す機会を作りましょう。

 

そして、子供と話し合った結果。

 

・通話料が高いなら通話を控える。

・いらないオプションは一緒に外す。

・課金はしないように子供に忠告する。

 

子供は親が携帯代を払ってると、親が毎月いくら払ってるのか知らないケースが多いです

 

親から携帯代いくら払ってるのか教えたり、子供から「毎月携帯代いくら払ってるの?」と聞かれないかぎり子供は自分の携帯代を知りえません。

 

なので親子で携帯代がいくらなのかを把握し、共に改善していくことが大切なんです。

 

3、格安SIMにする。

 

 

格安SIMというのは、LINEモバイルや楽天モバイルといったau、docomo、sofftbankではない会社を使うことです。

 

格安SIMにすれば携帯料金を2000円前後にすることが出来ます。

 

今ならUQモバイルやY!mobileなどもCMバンバンやってますよね。

 

ただしココで「格安SIM良いですよ!早く契約してください!」と言って契約するはずありません。

 

なぜなら格安SIMのことについてよく知らないからです。よく知らないモノに人は契約出来ません。

 

格安SIMにもメリット、デメリットがあります。詳しく下記の記事に書いたので参考にしてみてください!

 

格安SIMにするメリット、デメリットを解説。格安スマホを検討してる人は必読!

 

ハッキリ言ってau、docomo、ソフトバンクは携帯代高すぎ。

 

子供の携帯代を劇的に改善したいなら正直、格安SIMにするしかありません。

 

なぜならau、ドコモ、ソフトバンクでは携帯代を5000円以下にするのも難しいはずだからです。

 

au、ドコモ、ソフトバンクには「パケ放題」が付いていて、パケ放題は3500円ほどの固定費になってます。

 

固定費はどうやっても削減することが出来ません。

 

子供の携帯なら格安SIMでも十分です。

 

オススメはLINEモバイル。

 

 

初心者にもオススメなのは断然LINEモバイルです。

 

LINEなら大手で安心ですし、何より使いやすいです。

 

子供なら間違いなく使いこなせますし、親も携帯代が安くなる、一石二鳥

 

端末もセットで販売されているので、手軽に乗り換えられるのも良いです。

 

根本的に改善するなら格安SIMにするべきだと僕は思います。

 

僕もLINEモバイルを使ってるので以下の記事も参考にしてみてください!

 

LINEモバイルと契約!使ってみてわかった3つの魅力。正直にレビュー。

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 格安SIM, 格安SIM 基礎知識