格安SIM レビュー!

アドセンスの4月が単価悪い理由。そして、3月が一番単価高い理由。

   

 

4月に入った瞬間、アドセンスの収益が一気に悪くなりませんでしたか?

 

グーグルアドセンスは、やはり4月になると単価が一気に下がります。

 

これはアドセンスユーザーの間ならもはや毎年恒例行事みたいになってます。

 

まずは僕のアドセンス画面見て下さい。4月に入ってガクッと下がってます。

 

ブログにアナリティクスのデータキャプチャーを貼ると規約違反になるので、noteに貼りました。

 

こちらです。

 

スポンサーリンク

 

Twitter界隈でも4月の単価に騒然?

 

Twitterで「アドセンス 4月」と検索すると多くのアドセンスユーザーの悲鳴が聞こえる!阿鼻叫喚。

 

 

やっぱり共通として3月の単価はみんな良いんですよね。

 

4月の単価がやばいんです。

 

 

ここから3人連続でアドセンスの収益が悪くなってます。

 

 

かくいうボクも1/3ぐらい落ち込んでますね。トホホ…。

 

案の定、Youtuberのアドセンスも落ちていた。

 

ブログ以外ではYoutuberもグーグルアドセンスですが、案の定Youtuberの収益もガタ落ちしているようです。

 

こちらは、Youtuberのシバターさん。

 

 

あまりのCPCの低下に広告がついてないと錯覚しています。これは、マジで気持ちわかりますね。

 

 

やはりYoutuberのアドセンスの収益も減るんですね。

 

スポンサーリンク

 

なぜ4月のアドセンス収益は落ち込むの?

 

 

まず1年を通して、アドセンスの単価が1番高い月が3月と言われています。

 

これはなぜかというと、企業の決算月に当たるからです。

 

企業は決まった広告予算を使い切るために、3月の決算月に広告費をまとめて突っ込むのです。

 

なのでこの3月がボーナスモードで、アドセンスの単価が一番高くなります

 

対する4月は決算が終わり企業の1年のスタートを意味するので、広告費の予算がまだ定まっていない状態です。

 

そんなスタート段階で、広告費に予算を多く出す企業は少ないです。

 

どのくらいを広告に使うべきかというのが、まだ手探り以前の段階なので、必然的に広告の単価も低くなるのです。

 

ちなみに広告単価が高いのは3月と12月です

 

日本の企業は決算月を3月か12月に設定するところが多いからです。

 

単価の低い4月にやること

 

 

「4月は収益が悪い」と嘆いてもこれはグーグルと広告主の問題なので、僕らはどうすることもできません。

 

じゃあ、4月に何をすればいいか。

 

それは「良質なコンテンツを引き続き投稿すること」です

 

良質なコンテンツを投稿していけば、アクセス数も増えていき4月を過ぎれば再び収益も上がっていきます。

 

一般的に、4月と5月は単価が悪いと言われていますが、一喜一憂せずに淡々とコンテンツを投稿するのが大事です。

 

中には3月のボーナス単価に備えて、1月にコンテンツを大量に仕込むユーザーも多いそうです。

 

グーグルアドセンスというのは、広告主ありきのビジネスモデルです。

 

クリスマスやお正月、ハロウィンなど1年を通して様々な行事、季節の要素も絡んできます。

 

グーグルアドセンスの収益が増加減少するのは、グーグルと広告主の事情があるということも覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - アフィリエイト