格安SIM レビュー!

携帯代7000円、8000円って高い?どうすれば安くなるの?

   

 

au、docomo、softbankといった3キャリアを使っていると、携帯代が月々7000円、8000円かかります。

 

なぜ、携帯代がこんなに高いのか

 

まずは携帯料金の構造がどうなっているのかを知るべきです。

 

ここを知ることで今後どうすれば良いのかが分かってきます。逆にここを知らなければ改善ができません。

 

例えば3社の携帯料金の構造はこのようになっています。

 

基本料金1000円
オプション料金500円
パケット通信料5985円

 

3社の携帯料金の構造は、基本料金、オプション、パケット通信料の3つで成り立っています。

 

そして携帯代が7000円、8000円になる大きな原因が、パケット通信料です

 

パケット通信料で6000円近く取られ、しかも固定費なのが致命的です。

 

金額よりも「固定費」という部分が、元凶になってるのです。

 

ここはどうやっても料金を削減することができません。

 

オプション料金はいらないオプションを外して料金を削減することができるのですが、パケット通信料は固定費で削減できません。

 

スポンサーリンク

 

で、携帯代安くできないの?

 

まずau、docomo、softbankの携帯料金を安くするなら真っ先にオプション料金を削るべきです。

 

携帯料金の内訳を見て、いらないオプションありませんか?

 

もしかすると、契約時に強制加入させられたオプションに加入してる可能性もあります。

 

まずは料金の内訳を見て、何が無駄なのかを把握することが大事です。

 

スポンサーリンク

 

携帯代を劇的に安くする方法は1つだけ。

 

 

これは、今話題の格安SIMにするしかないです。

 

最近ではLINEモバイル、楽天モバイル、UQモバイルなどありますよね。

 

テレビCMでも頻繁に見るようになりました。深キョンや能年玲奈ちゃんなど。

 

 

携帯代を劇的に安くするには格安SIMにするしか方法はありません。

 

なぜならau、docomo、softbankだと、パケット通信料が存在するかぎり安くすることができないからです

 

格安SIMの料金構造はこのようになっています。

 

基本料金1,690円
ユニバーサル料金2円
消費税135円

 

これはLINEモバイルの3GBプランの場合の料金です。

 

ボクは実際にLINEモバイルの3GBプランを毎月使ってるんですが、携帯代は毎月2000円前後に収まってます。

 

以下の記事はLINEモバイルと契約した時の記事なので、参考にしてみて下さい。

 

LINEモバイルと契約!使ってみてわかった3つの魅力。正直にレビュー。

 

携帯代で毎月7000円、8000円を払っていると、その料金を払うのが当たり前のように感じてきます。

 

ですが違います。完全に毎月高額な料金を払ってると自覚するべきです。

 

携帯代に7000円、8000円はハッキリ言って高すぎます。

 

ではどうすればいいのかというと、格安SIMのメリット、デメリットをちゃんと理解して、乗り換えるべきです。

 

メリット、デメリットを理解した上で「あ、これならau、docomo、softbankのほうがいいや」って思ったらそれでもいいんです。

 

ただ格安SIMのことはちゃんと学ぶべきです。そうでなければこれからも永遠に高額な料金を払うハメになります。

 

格安SIMのことを1から理解するなら以下の記事はサラッとでもいいので読んでみてください。

 

⇒格安SIMにするメリット、デメリットを解説。格安スマホを検討してる人は必読!

 

⇒ぼくの携帯代が1万円超えから、2000円になるまでの話。

 

必ずタメになるはずです。

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 格安SIM 基礎知識