格安SIM レビュー!

投資の神様「ウォーレンバフェット」のおすすめの本3冊を紹介。投資で成功したいなら必読!

   

 

億万長者となったバフェットの知恵を学ぼうと、一時バフェットの本を買い占めて、読み漁ってた時期がありました。

 

バフェットの本には、抜群に面白い本とあまり面白くない本があります。

 

今回はバフェットの本の中でおすすめの本を3冊紹介します。

 

すべてボク自身も本を購入した上でレビューしています。

 

ウォーレンバフェット おすすめの本3冊

 

 

1、「1分間バフェット お金の本質を解き明かす88の原則」

 

 

ボクが一番最初に読んだバフェット本が本書なのですが、「88の原則」を読み進めてくうちに衝撃を受けたことを覚えています。

 

本書はバフェットの名言、エピソードに対して、経営ジャーナリストの桑原晃弥さんが分析、解説をするという内容。

 

構成自体はとてもシンプルなのですが、1つ1つのバフェットの「原則」に深く考えさせられます

 

その原則が88個もあるのですから、この本を読めばバフェットの判断力、思考法が深く理解できます。

 

また、1個1個の原則がコンパクトにまとめられているので、テンポよく読めるのもいいですね。

 

まずバフェット入門書としてもおすすめの1冊がこちらです。

 

「1分間バフェット お金の本質を解き明かす88の原則」

 

続いて2冊目を紹介します。

 

2、株で富を築くバフェットの法則

 

 

先ほどの「1分間バフェット」が決断力、判断力に焦点を当てた本なら、本書は投資法に焦点を当てた本です。

 

特に第3章の「12の原則で事業を買う」は必読です。

 

事業、経営、財務、市場に対するバフェットの考え方が書かれています。

 

さらに第4章では、今までにバフェットが投資してきた企業となぜその企業に投資をしたのか理由が書かれています

 

バフェットが企業に投資をするのには、理由が必ずあります。

 

例えば1987年にコカコーラ株が大暴落した翌年1988年に、バフェットはコカコーラ株を大量に購入しています。

 

 

なぜ大暴落した翌年に大量にコカコーラ株を購入したのかといった理由が書かれているのです。

 

さらに、バフェットの投資心理学、ポートフォリオ管理、忍耐力に対することも書かれたおすすめの本書。

 

ぜひ読んでみてください。

 

「株で富を築くバフェットの法則」

 

続いては、3冊目の紹介です。

 

3、スノーボール

 

 

唯一バフェットに公認されたバフェットの伝記です。

 

幼い頃のバフェット、ウォール街のバフェット、オマハのバフェットがすべて書かれています。

 

投資家を目指しているなら1冊は必ず持っておきたい本です

 

投資で巨富を得たバフェットの公認自叙伝だからです。

 

スノーボールは上、中、下巻とありますが、電子書籍だと上、中、下巻の合本版が出ています

 

私は合本版を購入しました。

 

 

上、中、下巻をバラバラに1冊持つよりも合本版として、1冊手に持っておきたいですよね。

 

バフェットのこれまでのことが全て書かれている本書、投資家として成功したいなら読んでおきたい1冊です。

 

「スノーボール」

 

バフェットのおすすめの3冊まとめ

 

 

まず1冊目が「1分間バフェット」。

 

この本はバフェットの思考力や判断力が参考になります。

 

2冊目は「株で富を築くバフェットの法則」で、こちらは投資術の本です。

 

投資のことが詳細に書かれています。

 

最後におすすめなのが自叙伝でもある「スノーボール」。

 

バフェットの生い立ちや過去の投資のことなど全て網羅されているので、1冊は持っておきたいです。

 

ということで、バフェットおすすめの3冊を紹介しました!

 

参考になったら嬉しいです。

お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 読書レビュー