格安SIM レビュー!

LINEモバイルで「ID検索」する方法を解説!年齢確認でdアカウント画面になる人はどうすれば?

   

 

LINEモバイルをゲットしたので、「ID検索機能」を設定させたのですが、正直設定は思いの外難しかったです。

 

ですが何とか「ID検索」が使えるようになったので、これまでの手順を書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

LINEモバイルで「LINE ID検索」を使う方法

 

 

1、まずは「利用コード」をゲットする

 

LINEモバイルで「ID検索機能」を使うには、LINEモバイル独自の「利用コード」というのを知らなければなりません。

 

「利用コード」は、年齢認証に使うからです

 

「利用コード」は、LINEモバイルのマイページにアクセスすれば自動で画面に表示されます。

 

このように表示されます。

 

 

ですが、これを手書きでメモするのは大変です。

 

ここに表示される「利用コード」はコピーしておきましょう

 

コピーをしておけば、あとで貼りつけるだけなのでラクです。

 

スポンサーリンク

 

2、「年齢確認」をする。

 

「利用コード」をコピーしたら、LINEの設定画面をタップします。

 

この歯車アイコンですね。

 

 

すると下の方に「年齢確認」があるので、そこをタップしましょう。

 

 

この「年齢確認」をタップすると、「年齢確認を行いますか?」の画面が出てくるはずです。

 

 

この画面が出てきた方は「LINEモバイルをご契約の方」のほうを選びましょう。

 

年齢確認がdアカウント画面になる場合の対処法

 

実は先ほどの画面にならずこちらの画面になる方も多いです。

 

 

ドコモのdアカウント画面になる方は、LINEをアップデートしてください

 

ボクは、LINEをアップデートさせたら無事解決しました。

 

dアカウント画面⇒先ほどの画面に変化しました。

 

アップデートさせると、「年齢確認」の画面が変わるはずです。

 

3、「利用コード」を貼りつけ

 

あとは先ほどコピーした「利用コード」を貼り付けるだけです。

 

 

そして、年齢確認の結果をLINE社に通知させる許可にもオッケーを出しましょう。許可にして問題ありません。

 

これで無事、LINEのID検索機能が使えるようになってるはずです。

 

 

「年齢確認」の部分が、「ID検索可」となっていたら無事成功です。

 

LINEモバイル ID検索 設定まとめ

 

 

おさらいとして流れだけを箇条書きで書きます。

 

1、マイページにアクセスして「利用コード」を出す。

2、「利用コード」をコピー。

3、「設定」⇒「年齢確認」をタップ。

4、ここでdアカウント画面になる人はLINEをアップデートする。

5、「利用コード」を貼り付けて終了。

 

これでLINEモバイルで、ID検索機能を使うことができます!

 

いやー、遂に格安SIMでID検索使えました…。感慨深い。

 

格安SIMでID検索機能使えるのがLINEモバイルだけなので、LINEモバイルはヘビーユーザーになりそうです。

 

参考になったら幸いです。

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - LINEモバイル