格安SIM レビュー!

格安スマホがよくわからない!という方へ。安い理由を1からわかりやすく教えます。

   

 

格安スマホに乗り換えたいと考えるものの、「格安スマホがよくわからない」と考える方はとても多いです。

 

「格安スマホ」というネーミングが怪しい!と思ったことありませんか?

 

そこで今回「格安スマホって何なの?安い裏には何かあるんじゃないの?」という方に向けて、格安スマホがなぜ安さを実現できてるのかを解説します。

 

スポンサーリンク

 

格安スマホとは何なのか

 

1、なんでau、docomo、ソフトバンクより安くできるの?

 

 

au、docomo、ソフトバンクの平均月額料金が6000円超えるのに対し、楽天モバイルやLINEモバイルといった格安スマホの平均月額料金は2000円前後です。

 

なぜこんなに安くできるのか。

 

それは「格安スマホ」の回線は、au、docomoといった大手キャリアから借りて成り立ってるサービスだからです

 

ソフトバンクから回線を借りてる「格安スマホ」は現状無いので、今出てる「格安スマホ」はすべてaudocomoから回線を借り受けてることになります。

 

 

わかりやすく図にするとこのような感じです。

 

楽天モバイルドコモの通信回線
LINEモバイルドコモの通信回線
イオンモバイルドコモの通信回線
mineoドコモとauの通信回線
UQモバイルauの通信回線

 

ちなみにドコモ系の格安スマホが今は圧倒的に多いです。

 

例えば楽天モバイルはドコモの通信回線を使った「格安スマホ」なので、上に「docomo」と出ます。

 

 

UQモバイルを使っていくなら上に「au」と出ます。

 

なぜ「格安スマホは安いのか?」、それは大手3キャリアから通信回線を借りてるから。これだけなんです。

 

スポンサーリンク

 

なんで回線を借りると安いの?

 

 

au、docomo、ソフトバンクのように1から回線基地局を建設するとなると、膨大なコストがかかります。

 

 

月々の維持費も莫大な金額になります。

 

それならばと、事業者が通信回線を安く借りてサービスを展開させたら格安の料金を提供できるんじゃないかとなり、「格安スマホ」が誕生したのです

 

会話にするとこんな感じ。

 

格安SIM事業者「すいません、お金払うので通信回線を貸して下さい!」

 

au、docomo、softbank「わかった、いいよ」

 

つまり少額のお金で通信回線が借りられてお金が浮いた分、安い料金プランを提供することができるんです

 

ちなみに、au、docomo、ソフトバンクは喜んで回線を貸したのではなく、総務省からの指示で回線を貸すように指示されたのです。

 

その結果、LINEモバイルや楽天モバイル、IIJmioやDMMモバイルなどといったMVNOがボンボン誕生したのです。

 

安い裏には何かあるんじゃない?

 

 

格安スマホにも勿論デメリットはあります。無論、メリットもあります。

 

格安スマホのデメリットは主に4つ

 

1、キャリアメール(Eメール)ができない

2、通話料が高い

3、通話のかけ放題が無い

4、パケ放題が無く通信量が決まってる

 

この4つを見て、「うわー、絶対ムリだー」と思う方も多いでしょう。

 

1、Eメールができなくなる

 

 

まず格安スマホにしたらEメールができなくなります。

 

それじゃあどうやってメールするんだ!?となりますが、これはGmailが一番おすすめです。

 

@ezweb、@docomo、@softbankといったキャリアメールではなくPCメールを使うことになります。

 

格安スマホにするならGoogleが提供する無料メールサービス「Gmail」が一番無難です。

 

シンプルで使いやすいです。

 

また、普段はEメールではなく「LINE」で家族、友達とやり取りしてるという方には特にデメリットに感じないかもしれません。

 

2、通話料が高い

 

 

格安スマホの通話料は30秒20円に設定されてるところが多いです。

 

通話料だけは大手キャリアよりも割高になっているので注意しましょう

 

なので格安スマホにしたらいかに「LINE」といった通話アプリを駆使するのかがカギになるのです。

 

3、通話のかけ放題がない

 

 

先ほどと似てますが、標準通話を長時間したいなら大手キャリアの月額料金のほうが安くなるかもしれません。

 

格安スマホでは必ず通話料を抑えるようにしましょう

 

どうしても通話をするなら「LINE」がおすすめです。

 

今はLINEをやってる人が多く、LINE同士なら通話料が無料だからです。

 

4、パケ放題ではなく通話量が決まってる

 

 

「格安スマホ」にはau、docomo、ソフトバンクのような豊富な通信量が用意されてません。

 

なので「格安スマホ」を使っていくなら通信量も節約させなきゃいけません。

 

通話も控える、ネットも通信量を考えてやらなきゃいけない

 

こうして書くとウンザリするようにも見えますが、通信量もYoutubeといった動画さえ見なければそうそう通信容量を超えることはありません。

 

通信量もアプリやHPで随時チェックすることできるのでご安心を!

 

この4つがクリアできたら格安スマホがおすすめ

 

 

長々と書いてしまいましたが、先ほどの4つがクリアできたら格安スマホは自信を持っておすすめできます。

 

「通話はラインにする!」

「動画視聴はなるべく控える!」

 

といった臨機応変に対応できる人は、格安スマホに向いてると思います

 

この4つさえクリアできたら月額料金を大幅に削減することができます。

 

その効果もなかなか絶大です。

 

一番のおすすめはLINEモバイルなのですが、実際に使ってみてレビュー記事も書きました。

 

ぜひ、参考にしてみてください!

 

LINEモバイルと契約!使ってみてわかった3つの魅力。正直にレビュー。

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 格安SIM 基礎知識