格安SIMログ

楽天モバイル | iPhone SE | IIJmio | イオンモバイル

楽天モバイルセールきた!1万円以内で買える「ZenFone GO」誕生!

   

 

楽天モバイルからセール情報きました!

 

楽天モバイルは結構頻繁にセールやるので随時チェックしとかなきゃですねぇ。

 

スポンサーリンク

 

ラインナップはこんな感じです

 

2016-10-07-20-33-35

 

なんと言っても目玉は右の「ZenFone GO」ですねぇ。

 

なんとセール価格ですが、1万円以内で購入することができます。

 

SIMフリースマートフォンで1万円以内で買えるのって「ZenFone GO」以外であるんですかねぇ。

 

次のラインナップはこんな感じです。

 

2016-10-07-20-33-21

 

今回のセールはこちらの6台ですね!

 

スポンサーリンク

 

「ZenFone GO」の特徴

 

一番安い「ZenFone GO」の特徴を挙げたいと思います。

 

img_main_01

 

「ZenFone GO」の特徴はなんといってもバッテリーの持ちがいいです。

 

バッテリーの持ちならZenFone4台の中で一番良いです。

 

「ZenFone GO」の名称は「ポケモンGO」からきていて「ポケモンGO」を快適に長時間遊べるように、バッテリーの持ちを良くしたのが「ZenFone GO」なのです。

 

ですが、「ポケモンGO」にかぎらずスマホゲームを多くやる人、何かとバッテリーを早く切らしてしまう人にはおすすめです。持つに越したことないですよね。

 

セール価格になる条件

 

img_main_01-2

 

こちらの6台をセール価格で購入するには、楽天モバイルと契約しなければなりません

 

また、端末によってはデータSIMと音声通話SIMプラン両方でも良いのか、音声通話SIMプランでなければいけないのか、条件が異なるので確認はしっかりしましょう!

 

2016-10-07_21_16_40

 

端末の上のところに「通話SIM」のみの対象なのか両方対象なのかが書いてあるのが分かります。

 

「ZenFone GO」はデータSIMが対象外なのが分かります。

 

セール端末は店舗ではなくオンラインで購入したほうがいい

 

今回の端末は楽天モバイルショップで購入するのではなく、楽天モバイルの公式サイトから購入したほうがいいです。

 

なぜかというと店舗だと契約時にオプションに入らなければいけないからです。

 

注意書きにこう書いてあります。

 

2016-10-07-21-21-20

 

楽天モバイルショップで契約すると、通話SIMなら「5分かけ放題オプション」、データSIMなら「端末保証」または「端末保証・あんしんリモートサポートパック」に加入しなければなりません。

 

任意ではなく、強制です。

 

強制加入となると、「げげっ」と思ってしまいますよね?

 

そう思ってしまった方は契約は、楽天モバイル公式サイト、つまりネットから申し込みされるのをおすすめします。

 

あんまり強制加入とかしないで…、楽天モバイルさん。

 

ちなみにぼくは楽天モバイルを契約して10ヶ月経ったのですが、オプションはひとつも入っていません。

 

僕が楽天モバイルをおすすめする5つの理由。10ヶ月目の僕の本音レビュー。

 

入らなくても全然快適です。むしろオプションに入ってしまうと折角の携帯代が安くなるのに高くなってしまいます。

 

一番いいのはネットから端末セット購入

 

もし端末持ってないなぁという方がいましたらこの機会に端末とのセット購入をしてみてはいかがでしょうか。

 

ぼくが一番最初に購入したSIMフリースマホは、格安と言われていたファーウェイという端末なのですが、それでも13,000円でした。

 

Huawei Ascend G620Sをレビュー!バッテリー、画面、音質を評価する。

 

そう考えるとZenFone安くていいなぁと感じます。

 

SIMフリースマホもどんどん安くなってるのかもしれませんねぇ。

 

楽天モバイル公式はこちら

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 楽天モバイル