格安SIMログ

楽天モバイル | iPhone SE | IIJmio | イオンモバイル

LINEモバイルにする上での4つの注意点。キャリアから乗り換えて出来ないこと。

   

 

三大キャリアから「LINEモバイル」へ乗り換える際に、気をつけて欲しいことがあります。

 

三大キャリアで出来てたことが「LINEモバイル」で出来なくなる事があります。

 

今回は出来なくなる代表的なのを4つ挙げます。

 

逆に言えばこの4つが特に問題なかったら乗り換えても問題ないと思います。

 

スポンサーリンク

 

気をつけて欲しい4つのこと

 

1、キャリアメールが使えなくなる

 

060

 

LINEモバイルはドコモの回線を使用しているのですが、プロバイダが異なるため、@docomo.ne.jpといったキャリアメールが使えなくなります。

 

なので、LINEモバイルへ乗り換えた後は、GmailやYahoo! MailといったWebメールを使用することになります。

 

ただ折角「LINEモバイル」を使っていくならSNSの「LINE」を使いましょう。

 

「LINEモバイル」なら「LINE」が通信量がかからず使い放題です。

 

スポンサーリンク

 

2、キャリアのポイントが無効になる

 

三大キャリアで貯めたポイントは、「LINEモバイル」に乗り換えた際にポイントが無効になります。

 

なので、乗り換える前にポイントは無駄なく使ってしまいましょう。

 

先ほどの1と被るのですが、キャリアサービスは全て使えなくなります

 

3、通信量には気をつけよう

 

「LINEモバイル」に限らず格安スマホは通信量が豊富ではありません。

 

3大キャリアよりも1日に使える通信容量は少ないです。

 

3GBや5GB、10GBを日割りして1日に使える容量が決まっているのです。

 

この容量を超えると、速度が低速になりネットが遅くなってしまいます

 

ただ「LINEモバイル」のコミュニケーションフリープランにすると、「LINE」「Facebook」「Twitter」の通信量がノーカウントになります。

 

通信量を消費することが無いので、この3つのサービスを頻繁に使う方なら、「LINEモバイル」は他社よりも魅力を感じるはずです。

 

4、家族割ができなくなる

 

3大キャリアでは家族割という、家族間の通話やメールの料金が無料になるサービスがあります。

 

ですが、「LINEモバイル」へ乗り換えれば、家族割はできなくなります

 

ただこれもですが、LINE電話をすれば無料通話をすることが出来ます。

 

「LINEモバイル」にしたら出来るだけ、「LINE」を頻繁にやり取りで使うようにしましょう。使い放題なので。

 

「LINEモバイル」で気をつけたい4つのこと

 

1、キャリアメールが使えなくなる

2、キャリアのポイントは無効になる

3、通信量が3大キャリアほど豊富ではない

4、家族割ができなくなる

 

以上の4つを考えた上で乗り換えるのをおすすめします。

 

ただこの4つを考えても乗り換える価値は充分あると思います。

 

やはり「安い」です。

 

例えばいくら3大キャリアで割り引きを駆使しても、月額2000円は難しいかと思います。

 

ぼくも「LINEモバイル」にしましたが、快適ですね。

 

LINEモバイルのSIMカードが届いたのでレビュー!使ってみた感想。

 

さすが大手だけあって、使いやすいです。おすすめ出来るMVNOですね。

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - LINEモバイル