格安SIMログ

楽天モバイル | iPhone SE | IIJmio | イオンモバイル

格安スマホで高くつくことってある?高くなるパターンが1つあります。

   

l201110131800

 

携帯代を安くするために格安スマホにしたのに、大手3キャリアより高くなったら本末転倒です。

 

実は格安スマホはある事をすると、キャリアより携帯代が高くなります。

 

スポンサーリンク

 

格安スマホは通話を多くすると膨大な額になる

 

キャリアは最小料金プランでも基本使用料にカケホーダイが含まれています。

 

なので、どれだけ通話しても月額料金は6500円のままです。

 

一方、格安スマホの月額料金には、通話料が含まれていません

 

また、通話料も30秒20円と割高な料金なので、通話はすればするほど加算されていきます。

 

その結果、格安スマホの月額料金は莫大なものになっていくのです。

 

スポンサーリンク

 

僕も楽天モバイルを使っているのですが、通話を少し多くしたら2000円を超えてしまいました。いつもは2000円以内に収まっていたので驚きましたね。

 

格安スマホは1日4分以上通話するとキャリアを上回る

 

30秒20円の通話料金で、格安スマホの月額料金を1500円と仮定し、キャリアスマホを6500円とした場合の計算です。

 

格安スマホで1日4分以上通話するとキャリアスマホの月額料金を上回ります。

 

無料通話サービスが無いため高い

 

キャリアには家族間の無料通話サービスなどがあります。

 

ですが、格安スマホには無料通話サービスなどがありません。

 

そのため家族間通話が多い家庭の方は、格安スマホへの乗り換えには慎重に検討しましょう。

 

キャリアでは家族全員が同じキャリアで、ファミリー回線としてまとまっていれば、家族間の通話は24時間無料になっていました。

 

ですが、この家族の誰か一人でもキャリアから格安スマホに乗り換えたらその時点で、無料通話対象ではなくなってしまうため、家族がお互いにかけた場合は通話料がかかります。

 

基本通話料が安い格安スマホの弱点は”通話”にアリ

 

基本料金が安い格安スマホの唯一の弱点は、通話ですね。

 

通話料が割高なため、通話はラインなどで控えること必須です。

 

家族間通話なら「IIJmio」がオススメ

 

家族間で通話が多いなら格安スマホだと「IIJmio」がオススメです。

 

IIJmioの「みおふぉんダイアル」と「ファミリーシェアプラン」を併用させれば月額料金は大幅に削減できます。

 

IIJmio

 

まとめ

 

3キャリアの基本使用料には、無料通話分が含まれています。

 

いっぽう格安スマホには、無料通話分が含まれていません。

 

そのため通話はすればするほど月額料金が膨れ上がっていきます。

 

家族間無料通話サービスなどもないため、格安スマホを使っていくなら通話はなるべく控えるようにしましょう!

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 格安SIM