格安SIMログ

楽天モバイル | iPhone SE | IIJmio | イオンモバイル

格安SIMはなぜ安いの?キャリアがMVNOに回線を貸す理由。

   

526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_s

 

大手3キャリアから格安SIMにすると分かるのですが、料金が数分の1になり驚きの安さになります。

 

なぜここまで安くできるのか。

 

今回はその理由について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

知っておきたいキーワードは「MVNO

 

MVNOの事を簡潔に説明しておきます。

 

MVNOとは、「Mobile Virtual Network Operator」の略で、「仮想移動体通信事業」という意味になります。

 

何やら難しい用語ですが、ざっくり言ってしまえば、通信設備を一切持たず、他社の回線を借りて通信サービスを提供する事業者のことを指します。

 

つまり、楽天モバイルやイオンスマホは一般的にMVNOと呼ばれます。

 

スポンサーリンク

 

安さの理由は”回線“にアリ

 

大手3キャリアは、通信設備を自ら構築しています。

 

そして、その通信設備を使って自社の通信サービスを提供しています。

 

しかし他社からしたらこの設備を1から構築するには莫大な費用がかかります。

 

電波を飛ばす基地局、回線整備などを完備させるには大手3キャリア以外には、現実的には難しいのです。

 

MVNOは”回線”を借りてる

 

実は、楽天モバイルやmineo、IIJmioと言ったMVNOは、大手3キャリアに回線接続料を支払って回線を借りています

 

ここに安さの秘密があります。

 

借りた回線を使って、MVNO独自の通信サービスを展開しているのです。

 

つまり、MVNOの回線は、もともとは大手3キャリアの回線なのです。

 

例えば、楽天モバイル、IIJmioはドコモから回線を借りて、mineoやUQ mobileはauから回線を借りています。

 

設備費用がないため安くできる

 

MVNOは、莫大な設備費用を1から構築、維持する必要がないため安く通信サービスを提供出来ているのです。

 

回線を借りているからですね。

 

また、MVNOからキャリアに支払う通信接続料は、総務省の呼びかけもあってか近年大幅に引き下げられています。

 

なので、イオンやDMMといった異業種からの参入が容易で、月額料金も安く設定が出来るのです。

 

なんでキャリアはMVNOに回線を貸すの?

 

これは当然思いますよね。

 

通信接続料を受け取るだけで、自ら構築した回線を果たして他社に貸すだろうかと。メリット少ないよねと。

 

しかし、実はキャリアは回線を貸したくて貸してるわけではなく、MVNOに貸す義務があるのです。

 

理由としては、au、docomo、softbankの3社が顧客の囲い込みをしてるため、総務省が動いたのです。

 

総務省はこの囲い込みのことを「協業的寡占」と呼んでいます。

 

そして、総務省は、キャリアにMVNOへ回線の貸し出しと、先述の通信サービス料の引き下げを求めてきたのです。

 

まとめ

 

格安SIMのサービス料金が安いのは、キャリアから回線を借りているからです。

 

1から構築すると莫大な費用がかかる回線設備。

 

ですが、これを借りることによって通信接続料のみ渡せば、維持費などもないためMVNOは安く提供が出来るのです。

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 格安SIM