格安SIMログ

楽天モバイル | iPhone SE | IIJmio | イオンモバイル

携帯代を安くする3つの方法。抑えるにはコレしかない。

   

350

 

キャリア(au、docomo、softbank)と契約しているユーザーは、「携帯代」に悩んだことが一度はあるはずです。

 

8000円〜9000円、人によっては1万円を超える場合もあります。

 

月額7000円以上かかってる方は要節約!

 

最初に契約したプランのまま使っていると、ムダなお金を払っている場合が多いです。

 

特に月額8,000円〜10,000円超えの料金を払っている人は、必ず料金のどこかにムダがあります

 

これから3つのポイントをチェックしましょう。

 

スポンサーリンク

 

携帯代のムダを見つける3つのポイント

 

1、20分以上通話してるのに「カケホーダイ」にしてない

 

gatag-00013263

 

月に20分以上通話するなら「かけ放題」が断然お得です。

 

逆に言うなら20分以上通話して「かけ放題」に入っていないと損をすることになります。

 

一ヶ月に30分通話した場合の旧プランとかけ放題プランを比較した表です。

 

 30分通話した場合旧プランかけ放題プラン
基本料5700円6500円
通話料1200円0円

 

通話料金は、どんどん基本料金に加算されていき莫大になります。

 

そのため通話料金を定額プランにするのを検討しましょう。

 

料金のプラン変更は、キャリアのトップページから変更することも出来ます。

 

スポンサーリンク

 

2、不要なオプションは即解約

 

hikaku_ball_woman

 

端末購入時、キャリア契約時に有料オプションを付けられたことありませんか?

 

各種割引の条件と称され、強制加入させられるオプションです。

 

このムダな有料オプションは放置すると、あとあと大打撃を受けます。

 

オプションの多くは試用期間が設けられており、期間内にキャリアのサイトなどで、解約手続きを忘れずにしなければなりません。

 

忘れると、年間で大損することになります。

 

オプションの多くが必要ないエンタメ系

 

unnamed-4

 

いわゆる見放題読み放題サービスが大半を占めます。

 

ドコモなら「dアニメストア」や「dマガジン」、「dTV」などです。

 

他には「キャッチホン」や「グループ通話」など「本当に必要?」と思うモノも多数あります。

 

これらのサービスは使う人にとっては良いかもしれませんが、使わない人にとってはムダ払い以外の何物でもありません。

 

割引、補償サービスは解約するか見極めが大事

 

先ほどのコンテンツ系サービスは根こそぎ解約してしまっていいと思います。

 

今や音楽、映像系なら別のサービスのほうが優秀です。

 

音楽なら「Apple Music」「Google Playミュージック」、映像なら「Netflix」などを利用しましょう。

 

ですが、割引、補償系サービスは解約するときに注意しましょう

 

特に、補償サービスは、解約すると再加入することが出来ません。

 

故障してしまった場合、補償サービスに加入していると無償交換、無償修理など手厚いサポートが受けられますが、未加入だと有償修理となります。

 

なので、補償サービスなどは解約するときは一度考えて解約しましょう

 

その他のサービスなら解約しても問題はありません。

 

初期プランで使い続けてると損する可能性が高い

 

ある程度使っていると突如携帯代が高くなったりすることがあります。

 

1年間、2年間の無料サービスが切れたりするからです。

 

このように携帯代というのは常に料金が変動しています。

 

そのため節約するには、携帯代の内訳を把握するのが大事なのです。

 

月額1万円オーバーは払い過ぎている

 

まず知っておいておきたいのが、携帯代が1万円を超えてる方は、「払い過ぎ」の認識を持ちましょう。

 

不要なオプション、割高な料金プランを改善しましょう。

 

3、究極の節約は格安SIM

 

僕は以前までソフトバンクを使っていたのですが、携帯代が割高になってきたので、楽天モバイルにしました。

 

そのため今の携帯代は、1,600円です。キャリアと比べると考えられないです。

 

【レビュー】評判の楽天モバイルと契約したよ!早速起動させてみた。

 

正直キャリアを使い続ける限り、携帯代を6000円未満にするのは難しいです。

 

そのため昨今ではイオンモバイル、楽天モバイルといったMVNOの人気が出始めています。

 

MVNO契約件数が1155万件突破!増加してる4つの理由。

 

格安SIMにはメリット、デメリットがあります。

 

楽天モバイルにするメリット、デメリット。

 

まとめ

 

キャリアで携帯代を安くするには、通話代と不要なオプション、料金プランを改善しましょう。

 

まずは、料金プランの内訳を確認しましょう。まずはそこからです。

 

確認をしたら必ずムダな部分が見えてきます

 

料金プランの内訳は、それぞれキャリアのホームページから確認することが出来ます。

 

今すぐ確認をしましょう。どこを削減すべきか分かるはずです。

 

それでは!

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - 格安SIM