格安SIMログ

楽天モバイル | iPhone SE | IIJmio | イオンモバイル

iPhoneの動作が遅いときの対処法。高速化させる3つの方法。

   

PAK160327390I9A9063_TP_V

 

iPhoneを使っていると、たまに遅くなることがありますよね。

 

古い機種に最新のOSをアップデートさせると、画面が反応しなかったりします。

 

そんな遅いiPhoneを高速化させるには、3つの方法があります。

 

スポンサーリンク

 

1、ストレージ容量を確保する

 

ストレージ容量とはiPhoneの何ギガバイトといった容量のことを指します。ストレージは倉庫という意味です。

 

iPhoneの動作を軽くするには、まずストレージの空き容量を確保することです

 

iPhoneの動作はストレージ容量と関係しており、この空き容量に余裕が無いと、iPhoneの動作も遅くなります。

 

2、不要なアプリを消去しよう

 

IMG_0138-2

 

まずはストレージの空き容量を増やしましょう。

 

そのためには不要なアプリ、容量の大きなアプリは削除するのが一番です。

 

不要なアプリを長押しして、ゆらゆら揺れ始めたら「×」ボタンをタップしましょう。すると削除することが出来ます。

 

スポンサーリンク

 

2、常時起動させてるアプリを閉じる

 

次にやってしまいがちなのが、アプリの常時起動です。

 

アプリを複数同時に起動させてると、負担がかかりiPhoneの動作が遅くなります。

 

例えば「Google Map」を起動させ、目的地に着いても閉じなかったらそのまま起動していることになります。

 

これを色んなアプリで、何個もやると負担がかかってしまうのです。

 

そうなるとメモリを消費するので、解放させて高速化させましょう。

 

まずホームボタンを2度押します。

 

2016-04-21 20.07.37

 

そして、使ってるアプリ以外は上へスライドさせてしまいましょう!

 

IMG_8342-2

 

そして、3つ目の方法です。

 

3、iPhoneの標準機能をオフにする

 

最後に、iPhoneの標準機能であるSiri検索機能など必要無いと思われる設定を、できるだけオフにしてメモリ負担を軽くしましょう。

 

特に、Siriの検索機能は必要ない人が多いでは無いでしょうか。これらをオフにしていくことが大事です。

 

やり方は、「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」を開きます。

 

IMG_8368 (1)

 

開いたら「Appのバックグラウンド更新」をオフにします。

 

IMG_8369 (1)

 

個別に自動更新をオン、オフにすることも出来ます。

 

これら3つをやるだけで動作がかなり違うと思います。

 

キーボードの動作が遅い場合

 

キーボードの動作が遅い場合は、「キーボードの変換学習」をリセットしてみましょう。

 

これまで蓄積していた変換候補のデータを削除することで、高速化させることが出来ます。

 

他にはキーボード入力の効果音を無くす事によって、メモリ負担を軽くすることが出来ます。

 

まとめ

 

高速化させる方法は以下3つ。

 

1、ストレージ容量を確保する

2、常時起動させてるアプリを閉じる

3、iPhoneの標準機能をオフにする

 

ぜひやってみてください!

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - iPhone Q&A