格安SIMログ

楽天モバイル | iPhone SE | IIJmio | イオンモバイル

iPhone SEとiPhone 6sのスペック、機能を9つごとに比較!

      2016/04/15

lgf01b201408122000

 

iPhone SEとiPhone 6sのスペック、機能を9つごとに比較していきます。

 

iPhone SEとiPhone 6s比較

 

1、画面サイズ/重さ

 

iPhone SEiPhone 6s
4インチ / 113g4.7インチ / 143g

 

「iPhone SE」のほうが画面サイズが0.7インチ軽く、重さも30g軽いです。

 

普段SEを使っていますが、やはり片手で持てて操作できるのは最高です。

 

スポンサーリンク

 

2、プロセッサ

 

iPhone SEiPhone 6s
A9チップA9チップ

 

プロセッサは、両端末同じ「A9チップ」が搭載されています。

 

機能に関しては、「iPhone SE」と「iPhone 6s」は同等と言えます。

 

3、「iSightカメラ」画素数

 

iPhone SEiPhone 6s
1,200万画素1,200万画素

 

「iSightカメラ」とは、iOSデバイスに搭載された背面カメラです

 

「iPhone SE」、「iPhone 6s」共に「iSightカメラ」の画素数は1,200万画素なので、背面カメラで撮影する場合は、画素数が一緒です。

 

スポンサーリンク

 

4、「FaceTimeカメラ」の画素数

 

iPhone SEiPhone 6s
120万画素500万画素

 

「FaceTimeカメラ」の画素数は、6sに軍配が上がりました。

 

「FaceTimeカメラ」とは、先ほどの「iSightカメラ」とは反対で、前面に搭載されたカメラです

 

主にビデオ通話で自分の表情を映すために使われるカメラです。

 

5、4K動画撮影

 

iPhone SEiPhone 6s

 

「iPhone SE」「iPhone 6s」同様に、従来の4倍の解像度を持つ4K動画撮影が可能です。

 

5、LIVE Photos

 

iPhone SEiPhone 6s

 

こちらも両端末できます。

 

「LIVE Photos」では、写真を撮影した前後の動きと音まで記録することができます。

 

撮影した写真を長押しすると、撮影時の状況が生き生きと蘇ります。

 

6、Touch ID

 

iPhone SEiPhone 6s
○(第一世代)○(第二世代)

 

「Touch ID」は「iPhone SE」「iPhone 6s」共に出来ます。

 

ですが、6sは読み取りが早い第ニ世代の「Touch ID」です。SEは第ニ世代より遅い第一世代の「Touch ID」です。

 

7、「3D Touch」

 

iPhone SEiPhone 6s
×

 

「3D Touch」は、画面を押し込むことによってショートカットしてメールなどを見ることが出来る機能です。

 

「3D Touch」は、「iPhone SE」には搭載されていません。

 

7、バッテリー

 

iPhone SEiPhone 6s
3G / LTEで最大13時間 Wifiで最大13時間3G / LTEで最大10時間 Wifiで最大11時間

 

バッテリーは、「iPhone SE」に軍配が上がりました。

 

「iPhone SE」のほうが、6sよりバッテリーは長持ちします。

 

まとめ

 

「iPhone 6s」のほうが優れてる部分は、FaceTimeカメラの画素数、Touch ID第ニ世代、3D Touchのこの3点です。

 

一方、「iPhone SE」のほうが優れてる部分は、画面サイズと重さ、バッテリーでしょうか。

 

比較してより優れてるのは、「iPhone SE」かなと感じました

 

やはりサイズ、重さ、バッテリーはかなり魅力です。

 

第一世代ですが、「Touch ID」も搭載されているので。

 

iPhone SEの開封記事も追加しました。

 

【開封】iPhone SEが届いたのでレビュー!

 

それでは!

 

スポンサーリンク
お役に立ったらシェアをお願いします!

 - iPhone SE